BRAND STORY

1978年、かつて自身もカナダ・ナショナル・スキーチームの代表選手であったデイビッド・ジェイコブスが、アメリカ・コロラド州・ボールダーにて、スキーレース用のセーターを作り、細々とメール・オーダー販売の事業を開始したのが、SPYDERの歴史の始まりです。
スキー・セーターの販売が成長した後、後にブランド名の由来ともなるスキーレース用パンツを製造し、ストライプ状のパッドを付けたその様相が、まるでクモの巣のようなデザインであった事から「SPYDER PANT」と呼ばれ、これを機にブランド名を「SPYDER」としました。

スキーシーンの中でも常に革命を起こし続けてきたSPYDER、その代表的な技術が1994年のSPEED WYREであり、アメリカ・ナショナル・スキーチームのメンバーであったヒラリー・リンドと、ピカボ・ストリートがこれを着用し、二大世界ダウンヒル選手権を含め、2年間の世界選手権でゴールドメダル、ブロンズメダルを獲得しました。

その高い技術力と機能性が認められ1989年からは、アメリカ・ナショナル・スキーチーム、およびカナダ・ナショナル・アルペン・スキーチームのオフィシャル・サプライヤーとなっています。1990年代、2000年代の各冬季オリンピックでは、SPYDERのウエアに身を包んだ 両国の代表選手が、数々のメダルを獲得しました。

また、近年では、フリースタイル・スキーやバックカントリー・スキーのカテゴリーにおいても高い支持を受け、世界のスキー・ウエア市場では、揺るぎないトップの地位を築いています。

今後、SPYDERは、スキー・ウエアで培った高い技術力と品質をもって、オール・マウンテン・カテゴリー、さらにはライフスタイル・カテゴリーへの拡大を予定しています。

SPYDER LIMITLESS